一人で悩まず相談してください

行政書士とは

暮らしに役立つ街の法律家

行政書士法1条の2第1項には「行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする」とあり、書類を作成することが主な業務となります。

具体的には、以下のようなものです。

 

① 官公署に提出する書類、権利義務に関する書類及び事実証明に関する書類の作成

 

② ①の書類の提出手続および①の書類に係わる許認可等に関する聴聞等の手続における

  一定の行為について代理すること

 

③ 行政書士が作成することのできる契約その他に関する書類を代理人として作成するこ

  と

 

④ ①の書類の作成について相談に応じること

 

*日本行政書士会連合会 行政書士活用ガイドより抜粋

 

業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書屋業務から、複雑多岐なコンサルタンティングを含む許認可業務へと徐々に移行しており、高度情報社会における行政手続きの専門家として期待されています。

 

法的紛争になった場合は弁護士が必要です。

しかし、そうなる前に法的紛争が生じないように事前に対策をしていれば、費用もストレスも少なくて済みます。

 

この予防法務の担い手が行政書士なのです。


「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等 他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

行政書士は守秘義務のある国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみにつかい、

営業行為に利用することはありません。

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします