一人で悩まず相談してください

リバースモゲージについて

リバースモゲージ

少子高齢化者社会の進行に伴い、公的年金も給付内容の見直しが続いています。

 

老後の生活を守るためには、国に頼るのではなく自助努力が必要な時代になってきているのではないでしょうか。

 

 

 

そのため、高齢者の家計をサポートする手段としてリバース・モ-ゲージが注目されています。

 

リバース・モ-ゲージ(持ち家担保融資)とは、住んでいる自宅を担保にして資金の融資を受け、死後(融資期間終了)その自宅を売却して元利金の返済に充てる制度です。通常の融資とは逆に、借入残高が年々増加する形なのでリバース(逆)・モーゲージ(抵当融資)と呼ばれます。

 

自宅はあるが金融資産(換金できる物)が少なく、年金収入だけでは生活が苦しい。自宅を処分すると住む場所がなくなってしまう。

このような場合リバース・モゲージを利用できれば、自宅を処分することなく老後の生活の安定を図ることがせきます。

このような状況にある方は多いと思われますので、制度の推進が待たれます。

 

日本ではあまり知られていない制度ですが、欧米では一般化した老後資金の調達方法です。日本では今のところ一部の公的機関や金融機関で取り扱いをしていますが、公的機関のものは融資条件が厳しい,民間のものは高所得者層の高額な融資が対象、となっているようです。

定年までかけてやっと住宅ローンを払い終わった、というような資産家ではない方でも利用ができるようになってもらいたいですね。国も「高齢者の住宅資産活用」の促進を行うという方向ですので、今後に期待したいです。

 

私的には、増え続ける地方の空き家対策に、貢献できる制度として推進してもらいたいと

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします