一人で悩まず相談してください

相続人のいない空き家を処分してもらいたい

相続人のいない危険な空き家

 

隣の空き家が老朽化し、倒壊の恐れが出てきており危険な状態になっている。

 

取り壊す等処分してもらいたいが、所有者はすでに亡くなっており、相続人もいない。

 

このような場合、どうすればよいのでしょうか。

おひとり様の相続トラブルという記事がネットにありました。

相続人のいない「おひとり様」のマンションを処分する内容ですが、最近増えてきているトラブルのようです。

 

相続財産管理人の選任

相続人のない財産を管理,処分したい場合は家庭裁判所に「相続財産管理人」の選任を申し立てます。

申立人は″利害関係人または検察官”とされています。相続財産である建物に倒壊し損害を被るおそれのある隣地所有者は、妨害予防請求権がありますので法律上の利害関係人となります。

なお、相続財産管理人選任の申立てには、被相続人や相続人の戸籍謄本,住民票の添付が必要ですが、他人の戸籍を委任状なく取得することはできませんので、行政書士等の専門家に依頼する必要があります。

 

相続財産管理人による財産管理

相続財産管理人は、相続財産を管理し、関係者から相続財産を引き継ぎ「相続財産引き継ぎ書」を作成します。

その後、相続財産管理人は、債権者,受遺者に対する請求申出の公告および相続人捜索の公告を行い相続人の不存在を確定し、資産および負債を精算して消滅させ、残りを特別縁故者または国庫に引き継ぎます。

 

相続財産の処分

相続財産管理人の権限は、保存行為および物や権利の性格を変えない範囲の利用,改良行為に限られています。

債権者に対する弁済や預金の解約は相続財産管理人の権限内とされますが、相続財産の処分は原則として権限外の行為となります。

建物を取り壊すことは権限外の行為ですので、家庭裁判所に「権限外行為の許可」を申立て、許可を得なければなりません。

 

空き家対策特別措置法も今年5月に施行されましたが、適用例は非常に少ないのが現状です。

 

危険な空き家がある場合はまず行政(市町村)に相談して、行政で対応が難しいようであれば上記のように自身で対応するのが良いでしょう。

 

隣地の空き家が劣化が進むと、自分の財産の評価も下げかねません。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートをご覧ください。

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします