一人で悩まず相談してください

負担付遺贈の負担が実行されないときはどうする?

負担付き遺贈の負担が履行されない

 

遺言により、財産を遺贈するにあたり負担を付ける場合があります。(例えば、母親の面倒を看るな等)

 

しかし、遺贈を受けた者が負担義務を履行しない場合はどうすればよいでしょうか。

負担義務の催告

遺言は、遺言者の生前の意思を尊重するためにあります。

 

負担付き遺贈をした遺言者は、受遺者が負担を実行してくれると期待して遺贈するのであり、負担義務を履行しないのであれば遺贈する意思はなかったものと推測できます

このため、相続人には負担付き遺贈の取消権が認められています。

 

まず、相続人は受遺者に対し、相当の期間を定めて負担の履行を催告することができます。催告は、「内容証明」によって、相続人または遺言執行者から行います。

 

遺言の取消の請求

負担義務の履行を催告したにも関わらず受遺者が期間内に履行しない場合には、相続人は家庭裁判所に対して遺言の取消を請求することができます。

相続人が複数の場合は、各自に取り消し請求権があります。管轄は、相続開始地の家庭裁判所になります。

取消審判の前提条件として負担義務履行の催告が必要ですので、先に内容証明郵便で相当の期間を定めて催告しなくてはなりません。

 

負担付き遺贈を取消す審判が確定すると、遺言は、相続開始のときに遡って効力を失います。

 

このように、負担付き遺贈の負担義務が履行されないと、裁判所の審判を経ないと遺言の取消ができず、その後、遺産分割協議までやり直さなくてはなりません。

残された家族に大きな負担を強いることになりますので、負担を付けるときは、確実に履行されるように事前に手を打っておきましょう。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします