一人で悩まず相談してください

遺言の悪用

遺言の悪用

遺言は、被相続人の最終意思を明確にすることで相続トラブルの予防策として最高のツールです。

しかし、これを悪用して財産を独り占めしようとする輩もいるようです。

特に一次相続(両親の一方が亡くなった時)で揉め、兄弟間がうまくいっていないような場合は、注意が必要です。

事例 

財産の独占を画策し介護を行っている長男が、寝たきりの老親の預金から大金を引き出しておき、それを他の兄弟に生前贈与したものとして遺言書に記し、彼らの相続遺産をゼロとする手口が増えています。この場合、生前贈与が特別受益にあたるため、他の兄弟は遺留分の請求もできません。

 

さらに、法的に有利になるため弁護士に依頼して公正証書遺言とするのです。内容を見れば、相続の際に親族間でトラブルになることは一目瞭然であっても、報酬のためなら依頼を受けるモラルのない弁護士も存在します。

 

弁護士は、遺言書作成の手続きに瑕疵がなければ、処罰を受けることはありません。

 

遺産相続を排除された兄弟が、証拠を揃えて公正証書遺言の虚偽を暴くのは容易ではありません。

 

予兆

1次相続の遺産分割でもめた後、残った親を独占的に囲う子供は、兄弟間の交流を遠ざけます。親の面倒を看ているのは自分だと親に意識させ、他兄弟との接触をさせないように仕向けます、

 

親がしっかりしている間は遺産独占の遺言書作成は無理なので、親が弱り寝たきり状態になる頃合いで弁護士等に公正証書遺言作成を依頼します。

 

人質に取られた状態で介護されている親は、介護してくれる子供の言いなりになるしかなく、公証人に読み上げられた内容に「うんうん」とうなずくことになります。

 

予防対策

このようなことを防ぐためには、一時相続でトラブルがあったとしてもその後の親族関係を修復しておき、特に親との関係を良好に保つべきです。

また、親の認知に障害が見られたら早めに医師の診断を受けさせ、証拠を残すことも重要です。

 

遺言は、本人が元気なうちに作成するのが本来の姿です

 

遺言書作成お手伝いいたします。詳しくは、遺言書作成のページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします