一人で悩まず相談してください

三カ月を経過しても相続放棄できる場合があります

三カ月を経過しても相続放棄できる場合があります

 

相続財産のうち、消極財産が多いような場合(借金が多い等)、相続があったことを知った日から3か月以内であれば相続放棄することができます。

 

そのためには、期限内に家庭裁判所に申述することになります。(民法938)

 


期限内に、限定承認や相続放棄をしなかったときは、単純相続をしたものとみなされます。

 

単純相続(財産のすべてを無条件で相続すること)したくない場合は、3か月以内に相続するかどうかの意思を決定しなくてはなりません。

 

3か月経過を待って、債権者が請求してきたら・・・

 

このため、被相続人の債権者が、相続人が相続開始を知ってから3カ月経過するのを待って、借金の存在の事情を知らない相続人に請求してくることがあります。

 

この場合、期限を過ぎているから単純承認をしたものとみなされ、借金を払わなくてはならないのでしょうか?

民法を読む限りそういう解釈になってしまい、泣く泣く返済をする人が多いようです。

 

しかし、判例では「相続開始を知った時から」について「相続人が相続開始の原因たる事実及びこれにより自己が相続人となった事実を知った時から3か月以内に限定承認又は相続放棄をしなかった場合でも、・・・・ 

・・・・当該相続人に対し相続財産の調査を期待することが著しく困難な事情があって、相続人において右のように信じることについて相当な理由があると認められるとき」には、たとえ3カ月経過していても相続人が相続財産の存在を認識したときまたは通常これを認識できる時から起算すべきであると判断した。

 

上記のように条件が付きますが、3カ月経過後でも相続放棄できる場合があるのです。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートのページをご覧ください。

 

「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。  

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします