一人で悩まず相談してください

同じ日付の遺言書が2通あったらどうなる

同じ日付の遺言が2通

遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って遺言の撤回をすることができます。

 

遺言は、遺言者の最後の意思を尊重するものなので、後の遺言が優先します。

 

もし、内容が抵触する同じ日付の遺言書が2通あった場合はどうなるでしょう。


後遺言優先の原則

民法は、自筆証書遺言に日付の自書を要求しています。これは、遺言作成時の遺言能力の有無を判断するためのみならず、複数の遺言の先後を確定する必要があるからです。

 

復数の遺言の併存は許されますので、複数の遺言が相互に全く無関係であるとか、互いに両立し得るものであれば両者はともに有効です。

 

抵触する同一日付の遺言

日付が明記されており、しかも自書されているとすれば、日付の点ではどちらの遺言も無効とすることはできません。

 

そのため、遺言の内容や一切の事情を考慮して先後を決めるのですが、どうしても先後が決められないことも考えられます。

 

しかし、民法では必ず先後は決められるとの立場をとっているため、先後不明の場合の規定がありません。

そこで、この取扱いはもっぱら学説に委ねられています。

 

通説(学説)

複数の遺言書がある場合は、後に作成されたものが優先されます。

同じ日付の場合は、まず、遺言書の内容,その他の事情を考慮してどちらが後に作成されたものか決めなくてはいけません。

もし、その先後がどうしても決まらないときは、2通の遺言書は同時に作成されたものとされ、矛盾する部分はともに無効となる。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします