一人で悩まず相談してください

父子関係はDNAでは争えない

DNAで父子関係は争えない

 

 

昨年話題になったDNA鑑定で生物学上の父子関係と、法律上の父子関係の違いについて解説します。

 

この裁判とは別件で芸能人同士の争いもあり、テレビで大きく取り上げましたよね。

 

      

 

嫡出子と非嫡出子

民法により

①妻婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定される。

②婚姻成立の日から二百日を経過した後又は婚姻解消の若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

とされています。

 

この条件に入る子は「推定される嫡出子」となり、父子関係を否定するには“嫡出否認”の訴えによるしかないとされます。

嫡出否認の訴えは、夫が出産の事実を知った時から1年以内にしなければなりません。

 

一方、“親子関係不存在確認の訴え”は、

 

「推定を受けない嫡出子」(上記の嫡出子として推定される期間内に生まれた子供であっても夫婦間に通常の夫婦としての生活が存在せず、妻が夫によって子供を懐胎することが明らかに不可能または著しく困難な事情がある場合)

 

「推定されない嫡出子」(上記の期間外に生まれた子)

 

について、父子関係を否定する訴えで、出訴期間の制限はありません。

 

今回の裁判は、生物学上の親子関係がないというDNA鑑定をもとに、「推定される嫡出子」との親子関係不存在確認の訴え起こしたものです。

 

判決は、

DNA鑑定で生物上の父子関係がないことが明らかであっても、親子関係不存在確認の訴えでは、父子関係の存否を争うことはできない

 

これは、「父子関係を速やかに確定することによりこの利益をはかり、子の身分関係の法的安定を保持する」という民法の趣旨によるものです。

 

結果として、DNAでは親子関係がないと分かっていても、遺留分を持つ推定相続人になるということです。

 

ただし、この裁判の際の少数意見では

「嫡出の推定を受ける子は、法律上の父が嫡出否認の訴えを提起し父子関係が解消されない限り、生物上の父に認知を求めて法律上の父子関係を構築できず、子から真実の父を求める権利を奪っているという不都合がある

とし、

「また、科学技術の進歩に対応して法律の解釈も適切妥当な解決策を見出していく必要性がある」としています。

 

つまり今回の判例によれば、本当の父親に認知してもらいたくても、子には訴える権利がないことになります。

 

冤罪事件の再審でも、DNAの証拠採用により無罪になったりしていますので、今後判例が変更される可能性はあるように思われます。

 

ワイドショーで話題になっている芸能人の件は、「婚姻後二百日目に生まれた子=推定されない嫡出子」との親子確認不存在確認を訴えているもので、上記裁判の訴えとは基本的に違います。

 

        相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートのページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします