一人で悩まず相談してください

見落とされやすい相次相続控除

見落としされやすい数次相続控除

相続税には、いろいろな控除があります。

 

主なところでは、

基礎控除   配偶者控除

未成年者控除   障害者控除 … 等

 

相次相続控除は、対象となる案件が割と少ないため見落とされやすく、申請漏れにより相続税を余分に収めることも多いようです。

相次相続控除とは

比較的短期間のうちに相続が続いた場合の税負担を軽減する趣旨で、10年以内に続けて相続があった時には、前の相続の相続税相当額のうち一定額を控除するものです。

 

適応範囲

例えば、父親が亡くなって財産を相続した母親が、10年以内に亡くなったような場合です。

 

この場合、父親の相続が「第一時相続」、母親の相続が「第二次相続」となります。

 

第一時相続において母親が財産を取得しているときは、母親から相続又は遺贈により財産を取得した相続人については、以下の算式で算出された相続税から控除します。

 

各相続人の相次相続控除額=A×C/(B-A)×D/C×(10-E)/10

A;母親が、父親の相続時に課された相続税額

B;母親が、父親の相続時に取得した財産の価値

C;母親の相続時に相続人,受遺者が取得した財産価値の合計

D;母親の相続時に各相続人が取得した財産価値

E;父親の相続から母親の相続までの年数(1年未満切り捨て)

  C/(B-A)が「1」超の時は「1」とする

 

これについては、税理士さんも見落とすことがあるそうです。

相続税の申告を依頼する際は、相続に力を入れている税理士さんを選ぶべきです。

法人関係がメインで、相続税は得意でない税理士さんは多い。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートのページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。   

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします