一人で悩まず相談してください

生前認知と遺言認知の違い

生前認知と遺言認知

 

認知とは、婚姻外に生まれた子を血縁上の父母が自己の子であると認め、血縁上の親子を法律上の親子とする行為です。

 

認知は、役場に届け出ることでできますが、遺言によってすることもできます。

 


血がつながっている事実上の子であっても、婚姻外の男女間の子であれば、相続権や扶養義務が認められませんので、このような身分を欲するものが認知をします。

 

認知の承諾

認知対象が成年の場合は、成年の子の承諾が必要。

認知対象が胎児の場合は、母親の承諾が必要。

未成年の子の場合は、子及び母の承諾は不要で、父親は認知届を提出すれば足ります。

 

認知の効果

・生前認知―役場へ届出ることで成立し、その受理によって届出の時に効果を生じます。

・遺言認知―遺言時に認知が成立し、遺言者の死亡のときに認知の効力が生じます。

 

認知が効力を生じると、認知された子は認知者との間に出生時にさかのぼって法律上の親子関係が生じます。

 

法律上の親子関係が発生すると、認知された子は認知者との関係で、相続権や扶養義務が発生します。

遺言認知の場合は、遺言者は死亡していますので相続権の問題となります。

 

遺言認知をする遺言者は、家族や親族とのトラブルを避けるため生前認知をしなかったケースが多いようです。遺言認知として、認知された子に財産を相続させ生活を助けたいという意志によるものです。

 

遺言認知の手続

遺言執行者が役場に届け出ることになります。

その際、「認知届出書」に加え、「遺言書謄本」「遺言執行者の資格証明書」が必要となります。

 

遺言認知をしても、認知の届出をしない限り法律上の親子関係は生じません。

そのため、遺言認知をするときは、遺言で「遺言執行者」を定めておくことが重要です。

また、遺言執行の手間を省くためにも公正証書遺言とした方が良いでしょう。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートのページをご覧ください。

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。   

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします