一人で悩まず相談してください

分割協議後に財産が発見されるかもしれないときに備える

分割協議後の財産発見に備える

 

遺産分割の協議をしたいけど、今わかっているもの以外に財産がありそうなときはどうすればいいのでしょうか。

 

全ての財産を確定するのがベストですが、確定できないできない場合も多いと思います。

分割協議後に新たな財産が見つかった場合

新たな財産について分割協議をすれば問題ありません。

しかし、少額のへそくりが見つかったからといって相続人全員で協議を行うのも大変です。

遺産分割協議書作成の際に、後日新たな遺産が見つかった場合の分割方法まで話し合い、明記しておくのがいいでしょう。

 

新たな財産の分割方法

遺産分割協議成立後に新たな財産が見つかった時に備える分割方法は

 

①新たな遺産について改めて分割協議する。

②新たな財産は、特定の相続人が取得する。

③新たな財産について取得の割合を定めておく。

 

の3種類があります。

 

また、発見された財産が一定額以下の場合は特定の相続人に取得させ、高額な場合は分割協議をするというように①と②の折衷型もあります。

 

遺産分割協議は、相続人全員の同意が必要です。遠方に居住している場合等再協議をするというのは大変ですので遺産分割協議書に新たな財産の分割方法まで明記しておくことが必要です。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートのページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします