一人で悩まず相談してください

遺言事項とは

遺言事項とは

 

遺言書は、遺言者の最終意思を示すものとして尊重されますが、何を書いても実現できるわけではありません。

 

遺言書に記入することで実現できることはどんなことでしょうか。

法定遺言事項

遺言の中で、法律的な強制力が生じるのは法律に定められた「法定遺言事項」のみです。

いま法定遺言事項として規定されているのは、およそ以下の通りです。

 

1.相続に関する事項

 ①推定相続人の廃除とその取り消し

 ②相続分の指定又は指定の委託

 ③特別受益者の相続分に関する指定

 ④遺産分割方法の指定又はその委託

 ⑤遺産分割の禁止

 ⑥共同相続人間の担保責任の定め

 ⑦遺贈の減殺方法の指定

 

2.財産処分に関する事項

 ①包括遺贈及び特定遺贈

 ②一般社団法人の設立

 ③信託の設定

 

3.身分に関する事項

 ①認知

 ②未成年後見人の指定、未成年後見監督人の指定

 

4.遺言執行に関する事項

 遺言執行者の指定又はその委託

 

5.その他

 ①祭祀承継者の指定

 ②保険金受取人の指定又は変更

 

生前にできること

以下の法定遺言事項は、自ら生前に行うこともできます。

 

 ・推定相続人の廃除とその取り消し  ・認知

 ・一般社団法人の設立        ・信託の設定

 ・特別受益者の相続分に関する指定

 ・祭祀承継者の指定

 

これらは、生前に行っておいた方が相続人の負担が軽くなると思います。

 

法定遺言事項以外の記載

例えば「葬儀は盛大に行うこと」と記入してあった場合、遺言者の意向として明らかでも強制力はありません。

 

遺言者から残される家族に向けた感謝のメッセージや、遺産分割方法の指定の理由を説明する「付言事項」は、遺言書に心を吹き込み,相続人にわだかまりを残さないために必要不可欠であると考えます。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページを覧ください。

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします