一人で悩まず相談してください

自筆証書遺言の押印は実印にしましょう

自筆証書遺言の押印

遺言書の中で一番多く利用されている自筆証書遺言。

 

遺言者がその全文,日付,氏名を自書し、押印することが要件となっています。

 

押印に関しては三文判でもよく、押印の代わりに指印でもよいとされています。

押印を必要とする理由

自筆証書遺言が、自書のほかに押印を要する趣旨については

 ①遺言者の同一性及び真意の確保

 ②文書の完成の担保

の2点にあります。(最高裁 平成元年2月16日判決)

 

このため、我が国の慣行ないし法意識に照らして、指印であってもこの2点の機能に欠けることはないという判断です。

 

それでも実印が良い

上記判例では、「必要以上に遺言方式の厳格性を貫くと、かえって遺言者の真意の実現を阻害しかねない」ということも述べられています。

 

しかし、当然のことながら、指印影が遺言者自身の指印押印であることが必要です。

この点で、指印押印は後日紛争になる危険性が付きまといます。

そもそも、遺言書を残す最大の目的は、円満な相続を担保すること。

遺言を作成するときは、印影の対照が可能な実印を用いるのが良いと思います。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページを覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします