一人で悩まず相談してください

相続欠格

相続欠格

 

相続欠格とは、相続権を持つものであっても、欠格事由に該当すれば相続権が無くなることです。

この制度は、結構誤解されている部分がありますので少し解説します。

欠格事由

 

1.故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にあるものを死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

 

2.被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告発しなかった者

ただし、その者に是非の分別が無いとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りではない。

 

3.詐欺脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取消し、又は変更することを妨げた者

 

4.詐欺脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取消させ、又は変更させた者

 

5.相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

 

 

誤解されやすい部分

「1.」についてですが、刑に処せられたことが要件ですので、被相続人を殺害しても直ちに相続欠格にはなりません。つまり、実刑判決を受ける前に死亡した場合や、正当防衛による場合など、刑に処せられないこともあります。また、執行猶予付きの判決が確定し、猶予期間が満了した場合は欠格事由に当たらないことになります。

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします