一人で悩まず相談してください

他人作成の書面を添付した自筆証書遺言の有効性

他人作成の書面を添付した自筆証書遺言の有効性

 

自筆証書遺言は、全文を遺言者が自筆することが要件ですが、他人作成の土地の図面等が添付されていた場合は、どのように判断されるのでしょうか。

有効とされた事例

①遺言者が、遺産分割の対象となる土地について、他人作成の図面を添付し、土地の各区画に相続すべき相続人の名前を自書して作成した自筆証書遺言。

 

添付の図面は、遺産分割の対象となる土地の図面であって、図面上5区画に分割する線が引かれているほか、各区画に面積と相続人の名前が記入され、図面の裏面には「遺言者の死亡後に図面通り分割し相続すること念のため」など、遺言者の自筆による記載があり、文末には遺言者の押印もあった。

 

添付図面は長男の妻が作成したものであったため、遺言者以外の第三者により作成されたものであることから、自筆証書遺言の要件を満たさないとして争われた。

 

《判決内容》

遺言書本文と引用の添付図面を合わせて初めて1つの有効な遺言を構成すると解される。その添付図面が他人の作成によるものであっても、単に図面を添付したのみならず、当該図面上の土地の各区画に当該区画を相続すべき相続人の名前を自書した場合にはその筆跡によって本人の記載したものであることが確認できる。

当該分割方法の指定が、遺言者の真意に出たものであることも確認できる。

よって、本件図面は全体として遺言者が自書したものとして自筆証書遺言の要件を満たすと解すべきであり、遺言は有効である。

 

②既存の耕作図を利用して作成された自筆証書遺言

《判決内容》

全文自筆の解釈として、

「遺言の対象や内容を明確にするために写真、図面及び一覧表等を用いることを一切否定するものではない」

として、図面等の上に自筆の添え書き等を加えることで、自筆書面との一体性が明確にされている場合であれば、自書といえる。

 

無効とされた事例

司法書士がタイプ印字させた不動産目録を添付した自筆証書遺言

《判決内容》

不動産目録が、遺言書の中の一番重要な部分を構成し、しかも遺言者自身がタイプ印字したものではないことから、自書の要件を欠き無効。

 

いずれも、遺言者の意志に照らし自筆された本文との一体性が重視された判断のようです。

原則、全文自筆が要件ですので、すべてを自筆とするのが確実ではあります。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします