一人で悩まず相談してください

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業

 

 

国交省は、中古住宅を購入し省エネや耐震改修などのリフォームを行った人(40歳未満)に、最大で65万円を補助する制度を作り、2月から受付を始めます。

制度内容

対象は、中古住宅を購入した40歳未満の人で、専門家に建物の劣化状況などを検査してもらう「インスペクション(住宅診断)」を受けることが条件となります。インスペクション費用は5万円~10万円程度が多いようです。

 

住宅診断と省エネリフォームに掛かる費用について最大50万円。耐震改修を行う場合は、15万円が上乗せされ合計65万円の補助額となる。

 

補助金は、宅建業者などが住宅購入者に代わって申請し、購入代金から差し引く仕組みになります。

 

予算規模

国交省は、1万戸以上の利用を見込んでいる。申請期間は2017年2月~2017年6月で、予算額に達し次第終了となります。

目的が、中古住宅流通の拡大や空き家対策であるとするならば、効果としては限定的なものであるように思います。

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします