一人で悩まず相談してください

両親が短期間で死亡した場合の相続税

先日、津川雅彦さんが亡くなりました。奥さんが亡くなってからあまり日も経っていませんでした。

 

このように、両親が短期間のうちに相次いで死亡した場合、遺産分割や相続税の取扱いはどうなるのでしょうか。

【相続人の地位】

一次相続の相続手続きがされないまま、一次相続の相続人が死亡した場合、

死亡した一次相続に係る相続人の地位は、二次相続の相続人が引き継ぐ。

 

上記のイラストの場合、一次相続にかかる母の地位は、子2人が引き継ぐ。一次相続の時点では母は生存しているので、一次相続の法定相続人は母および子2人の3名である。

 

一次相続に係る遺産分割協議は、母が死亡しているため子2人ですることになります。

この際、子の地位は父の相続人兼父の相続人である母の相続人ということになります。

遺産分割協議では、父の財産を母に取得させることも、取得させないことも可能です。

母に財産を取得させた場合、その財産は母固有の財産とともに二次相続の遺産分割協議の対象となります。

 

【相続税の申告】

相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10月以内に提出しなければなりません。

ただし、相続税の申告をすべき者(母)が申告期限前に死亡した場合、その者の相続人(子)は、その相続(二次相続)の開始があったことを知った日の翌日から10月以内に、その死亡した者(母)に代わって提出しなければならないとされています。

つまり、父の相続にかかる母の相続税に申告を、子2人が母の死後10カ月以内に母に代わってするわけです。

 

一次相続の遺産分割において、母の取得分がない場合には相続税は発生しませんので、当然にこの申請は不要ということになります。

 

【相次相続控除】

相続税の計算上、今回の相続の開始前10年以内に被相続人に相続税が課税されていた場合、1年につき10%の割合で減額した額を、今回の相続に係る税額から控除できます。

上記イラストで、父の相続で母に相続税額が無かった場合はこの相次相続控除を受けることはできません。

 

この他、配偶者の相続税軽減や小規模宅地等の特例等をどのように適用させるのが良いかなど、慎重に計算して分割方法を考えることが必要です。

大好評!! Web会議室個別相談受付中。

ZoomのWeb会議室による個別相談をご利用できます。(対面相談)

・カメラ付きのPCかスマホがあればOK!

・メルアドのみ教えてください。(本名、住所、電話番号等不要です。)

・初回1時間は、無料でお受けいたします。

・利用方法は、Web会議室のページで確認ください。


サービス対象地域

長崎県・佐賀県

九州他県-ご相談

行政書士 AFP しゅくわ事務所

Web会議室

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

ZoomのWeb会議室による個別相談をご利用できます。(対面相談)

・カメラ付きのPCかスマホがあればOK!

・メルアドのみ教えてください。(本名、住所、電話番号等不要です。)

・初回1時間は、無料でお受けいたします。

・利用方法は、Web会議室のページで確認ください。

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします

ミツモアバッジ

オール相続