一人で悩まず相談してください

後見制度について

後見制度ってどんなもの?

平成27年7月26日の読売新聞に、与党が「成年後見人の権限を拡大する内容の議員立法」をまとめたとの記事が載っていました。

 

この制度(法定後見制度)は、認知症などにより判断能力が十分でない人の財産管理などを、家庭裁判所に選任された者(後見人)が代行する制度です。

 

 

 

 

 

この制度は、判断能力に問題が起きてから開始となるため、法律で厳格に定められています。それもあり、制度の利用が進まないという状況のようです。利用しやすい制度にするための改革案を出してきたということですね。

 

上記は法定後見制度の話ですが、法定後見の不備を保管できる制度として「任意後見制度」というものがあります。契約により後見の内容を定めておき、判断能力が低下した後は、契約に定めた身上保護を開始するというものです。「見守り契約」をつけると、判断能力が低下する前から本人の生活に関与(定期的に電話や訪問をする)するので、後見事務の開始がスムーズになります。また、事後の事務(葬式の手配等)を契約に含めることもできます。

 

任意後見人には代理権はありますが、法定後見人に認められる同意権,取消権は認められませんので注意が必要です。

 

どちらがいいか一概には言えませんが、高齢者の契約によるトラブルを回避するためには、任意後見は有効な制度ですので一考の価値ありです。

 

また、任意後見契約は公正証書により契約書を作成しなければなりません。当事務所でも契約書作成をお手伝いできます。興味がある方は、無料の初回ご相談をご利用ください。

 

 

「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします