一人で悩まず相談してください

遺言作成が必要なのはどんな人?

遺言が必要な人

 

自分の財産が、分けやすい現金で、法定相続通りに相続させたい。


家族もそれでいいと言ってる場合は、遺言がなくても問題は起こらないでしょう。


そうでない人は、遺言書で自分の意思を明確にした方が良いとます。

 

                         

特に、以下に挙げたような方は、遺言書の作成をお勧めします。

 

境遇

・独身で子供がいない。

・結婚しているが子供がいない。

・配偶者がすでに他界している。

・相続人がいない。(子,親,兄弟がいない)

・再婚して、前婚の子がいる。

・子や兄弟が先に亡くなり、その子や孫がいる。(代襲相続)

 

家庭環境

・相続人が疎遠,対立している。

・相続人が複数同居している。

・介護をしている、または介護を受けている。

・内縁関係の妻,夫がいる。

・財産である不動産に住んでいる相続人がいる。

・相続人に行方不明者がいる、海外居住者がいる。

 

財産の中身

・財産に不動産がある。

・生前贈与した財産がある。

・同族会社の株を所有している。

 

特別な希望

・特定の相続人に多く残したい。

・家族で争わないように準備したい。

・援助が必要な相続人がいる。(障害者,独身等)

・相続権のない嫁や兄弟に遺産を分けたい。

・公益団体等に寄付したい。

 

遺言書がない場合は、相続人全員による遺産分割協議で遺産を分割しなくてはなりません。話し合いの中で、感情的なしこりができてしまうと元に戻すことは困難です。

亡くなった方の希望をかなえてあげたい気持ちは同じでも、全員が納得できる結論を導くのは困難を極めます。

 

遺言書があれば、ほとんどの相続が円満に進むのです。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

 

「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします