一人で悩まず相談してください

民事信託が役立つ例

家族信託が役立つ-例1

信託というと、「資産家が信託銀行などに大金を預けてする運用」を考えるものと思います。これは、商事信託と言われるものです。

 

これに対し、平成19年の信託法の大改正により可能となったのが民事信託です。

民事信託により、相続,贈与の選択肢が

大きく増えました。

 

    


【跡継ぎ遺贈型の受益者連続信託】

遺言では、自分が亡くなった後、誰に資産を相続させるか指定できますが、その相続人が亡くなった後に自分が残した資産が誰にわたるかまでは指定できません。

遺言の効力は1回限りです。しかし、信託であればできるのです

 

例)自分が亡くなったら財産を妻に相続し、妻が亡くなった場合には、妻が私から相続した財産を前妻との間の子に相続させたい。

 

遺言により相続するのは、「所有権」です。所有権はものを全面的に支配する絶対的な権利であり、これを制限することはできません。遺言書で“前妻の子に相続させてくれ”と希望しても、法的拘束力は全くありません。

 

信託では相続するのは「受益権(利益を折ら得る権利)」です。委託者の意思により、信託したときから30年経過後に最初に発生する相続まで指定することができます。この例にあるような希望を、法的拘束力を持って実現できます。

 

ただし、冒頭で述べたように新しい制度であり、長期民事信託の完了例もありませんし、30年後の家族状況がどうであるか想像するのも難しいと思います。

個人的には、あまりにも長期の信託はお勧めしません。

 

民事信託のご相談承ります。まずは無料相談をご利用ください。

 

「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします