一人で悩まず相談してください

民事信託が役立つ例-2

家族信託が役立つ-例2

高齢の親が施設へはいる時、「いつでも帰れるように家は残しておきたい」と希望されることは多いです。(思い出のいっぱい詰まった場所です)

 

しばらくは、たまに帰宅して掃除をしていたが月日がたち認知症で意思判断が難しい状態になってしまった。

このような場合、親から「自分に何かあったら家は処分していいよ」と言われていたとしても、家を売却することは非常に困難になります。

 

 

 

【空き家になるのを防ぐ】 

空き家であっても、所有者の意思確認ができないと不動産の売却はできません。

成年後見制度を利用して売却するには、売却の必要性を認めてもらう必要があるのです。

 

後見制度は、被後見人の財産保全を保全するための制度なので、売却が困難なのです。結局、税金や維持費を負担し、火災の心配などをしながら空き家を維持し続けることになります。

 

親の意志判断能力がしっかりしているうちに、親子間で信託契約を締結しておけば、子の判断と手続で家を売却することが可能です。第三者に賃貸することや、建て替えもできるのです。

 

    例)親を委託者兼受益者、子を受託者として

      信託契約

 

・子が家を信託財産として管理

 

・必要なら売却することもできる。

 

・売却代金は、受益者である親のものとなり、そのお金を信託財産として親のために子が管理しながら使う。

 

・その後、相続発生時に信託財産が残っていれば、相続財産として子が相続する。

 

増え続ける空き家は、大きな社会問題でもありますので、うまく制度を活用して資産を有効活用したいですね。

 

民事信託のご相談承ります。まずは無料相談をご利用ください。

 

「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします