一人で悩まず相談してください

遺言執行者は遺言で指定するのがいいですよ

遺言執行者の指定

遺言の内容に沿って相続財産を処理することを遺言の執行といい、執行する人を遺言執行者といいます。

遺言で指定されたり、相続開始後に利害関係人の請求により家庭裁判所で選任されます。

なお、相続人の廃除,排除の取消,認知については、遺言執行者によることとされています。

 


遺言執行者は、相続人の代理人

遺言執行者が就職すると、遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務は、遺言執行者が持つことになります。

 

そして相続人は、遺言の執行を妨げるべき行為をすることができなくなります。これに反して相続人がした処分行為は無効です。

 

財産の処分を、遺言執行者は相続人の同意をとることなく進めることができるのです。手続が円滑に進むことが期待できます。

 

遺言執行者がなく処分方法に不満を持つ相続人がいるような場合、協力が得られずに処分ができなくなる可能性があります。

 

・推定相続人の廃除・取消し,子の認知がある。

・相続人以外に贈与する。

・相続人の人数が多い。

・相続人が集まるのが困難(遠隔地や外国に住んでいる等)

・財産の処分が面倒(処分に法的知識が必要)

 

などの事情がある方は、遺言で執行者を指定した方が良いと思います。

 

なお、遺言で指定された遺言執行者は、指定を承諾しないこともできます。

その場合、家庭裁判所に改めて選任してもらうことはできますが、手間や時間がかかってしまいます。

信頼できる人に前もって依頼して、確実に執行できるようにしましょう。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

 

「誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。  

  

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします