一人で悩まず相談してください

遺言書が偽造されたものと思われるときはどうする?

遺言書が偽造されている場合

病気で亡くなった夫の遺言書が見つかりました。

 

病院で書かれたということですが、内容が「愛人に財産すべてを残す」というもので、筆跡もおかしい。

 

偽造だと思っても、絶対に破棄してはいけません。

適法に手続きをしてください。

家庭裁判所の検認を請求

公正証書遺言以外の遺言書を保管,発見した相続人は、遅滞なく家庭裁判所に検認を請求しなければなりません。

 

偽造とかってに判断して遺言書を破棄したりすると、破棄した相続人が相続権を失う可能性があります。

検認は、検認の日現在の内容を明らかにして、遺言書の偽造,変造を防ぐ一種の証拠保全手続きです。

 

この検認手続きを受けたうえで、遺言書が無効であることの確認調停を申したてなくてはなりません。

 

遺言無効確認の調停申立て

遺言書が、家庭裁判所の検認を受けても遺言の効力が決定するわけではありません。

 

したがって、遺言書が偽造されたものであれば無効ですから、相続人は遺言の効力を争うことができます。

 

調停委員会は、当事者の主張を聴き、その結果当事者間に合意が成立し調書の記載すると、その記載は確定判決と同じ効力があり遺言書は無効となります。

 

合意が成立しない場合は、遺言無効確認の訴えをすることになります。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは相続手続きサポートのページをご覧ください。

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。  

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします