一人で悩まず相談してください

斜線引いた遺言書無効(11月21日付 新聞記事より)

斜線引いた遺言書無効


遺言書の有効,無効が争われた裁判で最高裁判所の判決が出ました。


1、2審を破棄する内容でしたのでその理由が興味深いところです。

事件の概要

原告の父親は、1986年自筆証書遺言を作成した。

2002年死亡後、病院の金庫から遺言書が見つかった。

言書は用紙1枚で、左上から右下にかけて赤色ボールペンで斜線が1本引かれていた。

原告は、「遺言は破棄されたもので無効」と主張。

 

判決内容

1,2審:遺言書は有効

    斜線を引いたのは父親と認定する一方「文字が判別できる状態であれば有効」

 

最高裁:遺言書は有効

    「遺言書の文面全体に斜線を引くことは、遺言すべての効力を失わせる意思の表れ

     で、撤回したといなされる」

 

私見

今回、最高裁の判断が示されたことにより、これが判例となるので今後はこれに沿った判断がされることになるでしょう。

しかし、斜線を引いたのが遺言者本人であると判断できることが大前提です。

文字と違い、斜線では筆跡鑑定など判断の難しい部分があるのではないでしょうか。

 

今回の裁判でも、父親の相続発生から13年の期間を費やしており、親族間の争いということもあり当事者の精神的,金銭的負担は大変なものであったでしょう。

このようなことにならないように、遺言者はその意思を明確に残すことが大事です。

 

例えば、自筆証書遺言を撤回するのであれば、シュレッダー処分で破棄などがお勧めです。

 

ただし、公正証書遺言の場合は、遺言者の手元にある「正本」を破棄しても

「原本」は公証役場に保管されていますので破棄したことになりません。

公正証書遺言を撤回するには、新たな遺言書を作成して前の遺言を撤回します。

(遺言は、新しい日付のものが有効となる)

新たな遺言は自筆証書遺言,公正証書遺言のどちらでもよいとされますが、やはり公正証書遺言でした方が良いと思います。

 

裁判で争ったあと、親族が元通りの関係になるのはまず不可能です。

裁判にならなくても、遺産分割協議でもめると、関係修復は難しいものとなります。

自分の財産をどうしたいのか、意思を明確に残し円満な相続を目指しましょう。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。   

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします