一人で悩まず相談してください

遺言信託と遺言代用信託

遺言信託と遺言代用信託

 

 

遺言書によって信託を設定することを「遺言信託」といいます。

また、よく似た言葉で「遺言代用信託」というものもあります。

名前は似ていますが、内容は結構違います。

遺言信託

信託は、遺言で行うこともできます。

遺言信託が設定されると、被相続人の死亡によりその信託財産の管理処分権が受託者に移り、信託が開始されます。

そして、信託財産は受託者に帰属するため、遺産分割の対象とはなりません。

遺言信託は、家族の生活費,学費等の支払いを確保したい場合や、墓地の管理費等の支払いの継続を目的とされることが多いようです。

 

遺言信託の注意点

生前に行う信託と違い、遺言は一方的な意思表示ですから受託者に対し事前の承諾は不要です。

指定された受託者が信託を引き受けない場合は、利害関係人の申立てにより裁判所が受託者を選任することになります。

また、民法で定められた遺言の方式に従う必要があります。

 

遺言代用信託

自身が委託者となり、受託者に財産を信託して、委託者の生存中は委託者自信を受益者とします。そして、死亡により配偶者や子を受益者とするものです。

これにより、遺言を使うことなく生前の契約により実質的に財産の分け方を決めることができます。

委託者自らの老後に不安を持ち、また家族に障害者など気がかりなものがいる場合など、家族の生活を安定させるために活用されています。

また、生前の信託契約なので遺言の方式に従う必要はありません。

そして、遺言信託では受託者に就任を拒否されることがありますが、遺言代用信託では委託者の生前に信託契約の効力が発生するので、そのような心配はありません。

 

  遺言信託=遺言書による信託契約

遺言代用信託=生前の信託契約で相続財産の分配まで指定する

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

民事信託のご相談承ります。詳しくは民事信託のページをご覧ください。

 

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします