一人で悩まず相談してください

相続放棄したら責任はなくなる?

相続放棄したら責任はなくなる?

 

親の実家を相続しても空き家となってしまうようなケースが増えていますが、維持,管理の負担を避けるため相続放棄を選択肢の一つとして考える方がいます。

相続放棄すれば、この負担から逃れることはできるのでしょうか。

相続放棄しただけでは免責とならない

相続した不動産に、相続人が引き続き居住する場合や、利用価値が高い物であれば相続財産として有効活用できます。

しかし、住む人もなく維持管理の負担が大きいので相続したくない場合があります。

民法939条により、相続の開始を知った時から3か月以内であれば「相続放棄」することにより最初から相続人でなかったものと見做されます。

 

ただし、民法940条において“相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない”としています。

すなわち、相続放棄したからといって、ただちに管理責任から逃れられない場合もあるということです。

 

自治体に寄付するという方もいますが、不動産は上記のように維持管理の負担がありますので、断られることもあるようです。

 

遺言により不動産を寄付したいときは、自治体に”寄付が可能であるか”確認しておくことを忘れないでください。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のぺーぎをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします