一人で悩まず相談してください

遺言の存在を知らずに分割した場合

遺言を知らずに分割した場合

 

相続人全員の合意があれば、遺言の内容と異なる遺産分割協議をすることは可能です。

 

遺言があるのを知らずに分割協議をした場合はどうなるのでしょうか。

相続人全員が遺言の存在を知らなかった

その遺言の存在を知っていたなら、そのような遺産分割協議に同意しなかったと考えられる場合は、遺産分割協議の意思表示に、要素の錯誤(意思決定の重要な部分に誤りがある)があることになり、無効とされます。

 

遺言書があっても、遺産分割協議の内容に影響がなかった場合は、遺産分割協議は有効とされます。

 

相続人により遺言書が隠匿されていた

遺言により相続が不利になる相続人が遺言書を隠し、そのため他の相続人が遺言書の存在を知らなかった場合。

遺言書の隠匿は、相続の欠格事由に該当しますので、遺言書を隠匿した相続人は相続欠格となります。

その結果、遺産分割協議は無効になりますので、欠格者以外の相続人で遺産分割協議をやり直すことになります。

 

相続人以外への遺贈が存在した

相続人以外の者への遺贈の遺言の存在を知らずに、法定相続人で遺産分割協議をしてしまった場合。

遺言者の死亡の時点で遺贈は効力を生じます。つまり、受遺者(遺贈を受けた者)の財産を遺産分割の対象にしてしまったことになります。

共同相続人は、相続分に応じ受遺者に対し担保責任を負うことになります。

遺贈が、包括遺贈(財産を一定割合で遺贈する)である場合は、受遺者は相続人と同一の権利義務を有するので、遺産分割協議の当事者です。

当事者を欠く遺産分割協議は無効なので、受遺者を含めて遺産分割協議をやり直すことになります。

 

遺言書は、相続人がその存在を知らないとトラブルになります。内容を知らせる必要はありませんが、保管状況は相続人が知る状態にしておきましょう。

 

遺言書作成サポート承ります。詳しくは遺言書作成のページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします