一人で悩まず相談してください

差押えられる相続財産

相続財産の差し押さえ

 

被相続人の不動産について、相続登記がされないままであると、相続人の共有状態になり、全員のハンコが無いと売買等の処分ができません。

 

しかし、相続人の債権者がその不動産について差し押さえをすることができる場合があります。

差し押さえられる状況

被相続人には債務がなく、相続人の一人が事業を行っており、その関係で多額の借金があるような場合です。

 

被相続人が存命の間は、親子とはいえ相続人の債務を理由に不動産を差し押さえられることはありませんが、相続が発生すると相続人は、法定相続分の割合に応じ不動産を共有取得したものとなります。

その持ち分について、債権者が勝手に登記を行うことができ、且つ、差し押さえることができる場合があるのです。

 

このような差し押さえが実行されてしまうと、遺産分割協議をしても差押債権者は法的に保護されます。

つまり、差押債権者と交渉し、差押を取り下げてもらうしかなくなります。

 

その借金等を相続財産や相続人の財産から支払う等の必要があるということです。

 

回避方法

被相続人が、遺言により不動産を「・・・に相続させる」と指定しておくのが予防方法としてはベストです。

 

遺言が無い場合は、差し押えをされる前に相続人全員による遺産分割協議を行い、相続登記を行うか、債務がある相続人が、相続放棄の手続をしなくてはなりません。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。  

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします