一人で悩まず相談してください

尊厳死を希望する場合

尊厳死を希望する

病気で、回復の見込みがなくても、今の医療では延命治療が施されます。

 

いくつものチューブを繋がれて、ただ生命を維持するだけの治療は、希望しない人も多いと思います。

 

延命治療をせず、穏やかに死を迎えたい場合の意思表示はどうすればよいでしょうか。

なぜ延命治療が行われるか

現在、延命措置の中止は医師の判断に委ねられています。

医師の判断が間違っていたとなると、刑事責任を問われることになるのです。

さらに、延命治療になる時には患者本人の意思を確認することは困難であり、家族が治療の中止を判断をするのは精神的負担が大きいので、延命措置が続けられるのです。

 

尊厳死宣言

不治の病気で回復の見込みがないとき、延命治療を控え、または中止してもらい、人間としての尊厳を保ちつつ死を迎えることを尊厳死といいます。

このような死を望むという意志表示が尊厳死宣言(リビングウィル)です。

 

尊厳死宣言は、本人の死後に効力を生じる遺言に記載するのは適当ではありません。

尊厳死に関しては、いくつかの推進団体があり、尊厳死の宣言書を取得できます。また、保管や登録のサービスもあります。

 

延命治療の中止

延命治療の中止判断は、医師が行います。尊厳死宣言があることで当然に延命措置が中止されるわけではありません。

 

個人的に、総合病院の院長先生に確認したところ「尊厳死宣言の有無よりも、最終的には、家族の意向を重視する」とのことでした。

 

尊厳死を希望する場合は、尊厳死宣言を作成するとともに、家族に気持ちを伝えておくことが必要であると思います。

 

裁判例

1995年の「東海大学病院安楽死事件」では、

 ・患者の死期が迫り耐えがたい苦痛がある

 ・緩和の方法が尽きている

 ・明らかな患者の意思表示がある

を条件として、違法性なしの判断がされました。

 

尊厳死協会の調査では、協会の尊厳死宣言を示した際の医師の尊厳死容認率は95%以上とのことです。

 

尊厳死宣言の証明力を高めるために、尊厳死宣言を公正証書で作成することもできます。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします