一人で悩まず相談してください

寄与分と遺留分の対立

寄与分と遺留分の対立

被相続人と同居して面倒を看ていた相続人の寄与分が大きい場合、寄与分を計算すると、相続財産が遺留分も残らないような可能性があります。

 

どのように解決すべきでしょうか?

 

寄与分

遺産分割をする際に、遺産の維持増加に特別の寄与をした相続人に、その寄与分をプラスして相続人間の公平を図る制度。

 

遺留分

被相続人が、遺贈や生前贈与などで財産を処分した場合でも、兄弟姉妹を除く相続人の最低補償として返還請求(遺留分減殺請求)できる制度。

 

寄与分と遺留分どちらが優先する?

民法904条の2:寄与分は被相続人が相続開始の時において有した財産の価格から遺贈

        の価格を控除した残額を超えることができない。

         (遺贈は寄与分に優先する)

 

民法1031条:遺留分権利者及びその承継人は、遺留分を保全するのに必要な限度で

        遺贈および前条に規定する贈与の減殺を請求することができる。

         (寄与分は遺留分減殺請求の対象にならない=遺留分に優先する)

 

法律の規定によれば、寄与分が優先することになりますが、遺留分の権利が認められないのも公平を欠くことになります。

 

過去の判例では、

「寄与分は遺留分によって当然に制限されるものではないが、裁判所が寄与分を決めるに当たっては、他の相続人の遺留分についても考慮すべきである」(1991年東京高裁)

というものがあります。

 

元々、寄与分の額は相続人間の協議により決定するものですので、遺産分割協議で話し合い合意するしかないようです。

上記判例の考え方を念頭に置いて、協議を進めるのが良いでしょう。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします