一人で悩まず相談してください

分割前の遺産から得られた収入

分割前の遺産から得られた収入

 

遺産分割前の遺産から収入が得られた場合(遺産の賃貸住宅の家賃など)、その収入は相続財産になるのでしょうか?

 

そして、誰が取得することになるのでしょうか?

分割前の遺産

賃料などの収入は、相続開始時には存在しない財産ですので、遺産には含まれないとする見方が一般的です。

 

また、遺産分割前の遺産は、共同相続人の共有状態にありますので、共有財産から生み出された利益(財産)ということになります。

 

民法898条

相続人が数人ある時は、相続財産はその共有に属する。

 

民法899条

各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。

 

民法909条

遺産の分割は、相続開始の時に遡ってその効力を生じる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

 

909条の立場であれば、遺産分割によりその賃貸物件を取得した相続人の権利は、相続開始時に遡って効力を生じるので、相続開始時からの家賃収入も物件を取得した相続人が取得することになります。

899条と909条はこの点で対立することになります。

 

最高裁判例(2005年)

「賃貸不動産から生じた賃料収入は遺産とは別個の財産であって、各共同相続人がその相続分に応じて取得し、この権利は後の遺産分割の影響は受けない」としています。つまり、民法899条の立場を採用しています。

909条で遺産分割の抗力は相続開始時に遡るとされていますが、共同相続の状態での権利取得は覆されないとしているのです。

 

・相続開始~遺産分割までの賃料=共同相続人が法定相続分に応じて取得

・遺産分割終了以後の賃料=賃貸物件を取得した相続人が取得

 

相続手続きは、長引くほどに面倒になりトラブルも発生します。早い解決を目指しましょう。

 

相続手続きサポート承ります。詳しくは、相続手続きサポートのページをご覧ください。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします