一人で悩まず相談してください

食料自給率に見る数字のトリック

食料自給率に見る数字のトリック

8月に農林水産省が、食料自給率を発表しました。

カロリーベースの自給率は39%ということです・・・

 

「国内で消費される食糧の39%しか自給できていない」というように見えますが、そんな事ではないようです。

食料自給率とは

国内で消費される食糧を国内生産品でどの程度賄っているかを示す指標です。

 

政府は、25年度にカロリーベースで45%に引き上げる目標を掲げています。

 

カロリーベース食料自給率の計算方法

輸入,国産問わず日本で流通している全生産物をカロリーに置き換え、1日当たりに換算したものを分母,国産分を分子にする。

 

計算の数字は、あくまで流通している生産物であり

 

・食べ残しや期限切れで廃棄されるもの

・生産者が廃棄した農産物(生産調整)

・自給的農家が生産する大量の米,野菜

 

は含まれません。

 

これを入れて、実際に食べられているカロリーを分母にすると、

自給率は6割超となります。

 

数字は、加工できる

農水省は、「食料自給率向上対策」を推進するため、危機感をあおる数字を発表しているものと思われます。

 

数字を見るときは、計算方法を確認しないと正しい判断はできません。

 

誰に相談すればいいのかわからない」にお応えします。

 

当事務所は、相続サポート,遺言作成業務をメインとしています。

自動車,オートバイの登録手続き等他業務も承りますのでまずはお問い合わせください。

当方で対応できない場合は、専門の行政書士や他士業の先生をご紹介いたします。 

 

 

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします