一人で悩まず相談してください

遺族年金の男女差合憲判決

遺族年金の男女差 合憲

 遺族年金に関する最高裁判決がありました。遺族が妻の場合と夫の場合で、受給資格が異なる規定が憲法違反かどうかが問われた裁判です。

 この裁判は、一審では「違憲」、二審では「合憲」と判断が分かれていましたが、今回最高裁で「合憲」の判断がされました。

争点

地方公務員法災害補償法の規定で、遺族が妻の場合は遺族補償年金を年齢制限なく受け取れるが、夫の受給資格は55歳以上とされています。この規定が「法の下の平等」に反するとして、不支給決定の取り消しを求めて裁判を起こしたものです。

 

男女で格差があるその他制度

・労働災害の遺族補償年金

 民間の労働保険、公務員の労災で、夫は妻の死亡時55歳以上でないと受給資格がない。

 妻は年齢制限なし。

・遺族厚生年金

 夫は妻の死亡時に55歳以上でないと受給資格がない。妻は年齢制限なし。

・寡婦(寡夫)年金

 死別や離婚でひとり親になったときに受けられる所得控除

 父子家庭は所得500万円以下なら控除額27万円

 母子家庭は、500万円以下なら控除額35万円、500万円超なら27万円

 

判決理由

男女の賃金格差や雇用形態の違いなどから妻のおかれた社会的状況を考えると、夫側にのみ年齢制限を設ける規定は合理的。

 

私見

配偶者の死亡により経済的に困難になる可能性は、女性の方が高いから規定に差を付けるのは合憲という判断のようですね。しかし、平均的にはそうであっても、女性で経済的に自立している人もたくさんいますし、男女で分ける必要はないように思います。例えば、遺族の所得を受給要件とした方が遺族の生活保障の目的に合うのではないでしょうか?

行政書士 AFP しゅくわ事務所

サービス対象地域

  長崎県県央・県北全域

佐世保市東彼杵郡大村市諫早市西海市…

お問い合わせ

TEL:0956-56-8102
(受付時間9時〜16時)

FAX:0956-56-8102
(24時間受付)

行政書士は守秘義務が課された国家資格です。

頂いた情報は、問い合わせの対応のみに利用し、営業行為に利用することはありません。

相談受付FAX用紙.pdf
PDFファイル 81.9 KB

定休日

土日祝日

       ※ご予約いただければ
          定休日も対応いたします